あらゆる角度からノベルティを企画してみる

ノベルティを企画するうえで最も頭を悩ませるのは予算の制限をいかにしてクリアするかということが重要になります。数あるノベルティ専門の業者への発注だけでは他社と差別化することは難しいために普段から情報を蓄えておく必要があり、またそれが企業やブランドイメージに繋がりますのでそう簡単なプランで済ませてしまうわけにはいきません。


大きなイベントがある場合は比較的その内容に添ってアイデアを表現しやすいのですが、定期的にイベント性が無い企業などにとっては企画自体が中だるみしがちなものです。しかしノベルティという性質上、けして決まりきったアイテムである必要もありませんので、考えようによりましては幅広く企画することも可能なのです。自社ブランドを展開する企業にとっては本来の製品ラインナップ以外のものでイメージを展開できるわけですから、それを有効に活用するべきだと思うのです。例えば電化製品を展開する企業ブランドであるならば、関連性のあるアクセサリーツールを企画することはよくあることですが、その完成度に目を向けることはあまり成されてないことが多く一過性のプレゼント的な要素のみで終わってしまうことがあります。


現代のノベルティは大きく2つに分けるとしますと実用性のあるアイテムかそうでないものかに分類できると思うのですが、消費者側からしますと実用性があるほうが当然喜ばしいものであり、そのブランドに対しての感覚的な信頼性にも繋がります。このブランドはセンスがいいと消費者が認識した場合、機能や価格で大きな差がない場合は間違いなくそういった信頼性が購入するための判断基準になることは間違いないと考えます。もともと商品センスの発想力が豊かな企業ブランドはそのあたりの消費者心理も当然計算された上で商品企画を展開していると考えられるので日頃から信頼度はすでに確立されているとは思うのですが、新製品のキャンペーンやイベントがあるごとに期待を裏切らないだけのパフォーマンスを行う必要があり、そのひとつのアイテムがノベルティであったりするわけです。一般的な消費者は無駄にお金を使わずに欲しいものを購入するか、また長くその製品を使用するかは購入する際によく考えます。センスの良さは機能とは別の部分ですが、インテリア的な要素なども含めて考えますとそのブランドに対する美意識の基準はかなり重要なポイントであると考えることができます。