ノベルティグッズの選び方

ノベルティグッズは、企業が販売促進を目的とするためにお客様に無償で配る商品のことです。企業だけではなく、個人商店であれ、レストランであれ、集客、売上アップのために配るものであり、街中で見かけるティッシュもそのアイテムのひとつです。また、テレビや雑誌で宣伝されたり、商品のパッケージに印刷されているような大きなキャンペーンのものもあれば、一般商品者の目にはあまり触れることのないものもあります。たとえば、企業が、自社の商品を店頭に仕入れて店頭に並べてくれるお店にあげるものの場合などです。


どんな立場でされるものであっても、また、どんなに少ない数でするものであっても、ノベルティの目的は、あくまでも販売促進です。その商品を買ってくれる、もしくはサービスを利用してくれるお客様の目線にたったグッズを選ぶ必要があります。女性専用化粧品のノベルティなのに、男性向けのアイテムをさしあげてもあまりよいとは言えませんし、子どものお稽古の教室のノベルティに年配のひとが使うようなものをさしあげても子どもは喜ばないでしょう。ですから、まずは、商品をいつも買ってくださっている、サービスを利用してくださっている消費者の性別、年齢に合わせたものを選ぶ必要があります。また、さらに女性が多いけど男性客を増やしたい、若いひとは買ってくれるけど年配の人も買ってほしい、という開拓していきたいターゲットがあるのであれば、ターゲット層が魅力に思うグッズを選んでもよいかもしれません。また、応募されたひとにお送りする、のではなく、来店者にさしあげるようなノベルティの場合は、容量、重さも選ぶ基準のひとつにしたほうがよいでしょう。持ち帰ってもらうのに、大きくて重いものは不便です。ですから、ボールペンやキーホルダー、携帯ストラップ、電卓、メモ帳などの文具や雑貨、ティッシュやラップ、ゴミ袋などの生活消耗品は、かさばらず、いくつもらってもいいようなものなので来場ノベルティグッズとしてよくつかわれます。


ただ、宣伝に使うものなので、使い捨てではなくお手元に残るようなものにしたい、ということに、最近どんどんひろがっているエコ意識も加わって、ポケッタブルのショッピングバッグなどがノベルティとして流行りました。バッグに企業の名前も入れられて、なおかつ軽く、いつまでもつかえて便利、ということが受けたようです。このように、いろいろな要素を慎重にあれこれ考え、自分の会社のお客様の顔を思いえがきながら、感謝の気持ちをこめてグッズを選ぶ気持ち、これが売上アップへとつながる一番大切なことではないでしょうか。